感染対策についてのお知らせ
      当法人が特に取り組んでいる10つの目標

新着情報

             診療時間

北海道北広島市の歯医者 さいわいデンタルクリニック(HOME)新着情報ブログインビザライン矯正の枚数はどう決まる? 治療過程とキーポイントを徹底解説

新着情報

2024/5/15ブログ

インビザライン矯正の枚数はどう決まる? 治療過程とキーポイントを徹底解説

インビザライン矯正の枚数はどう決まる? 治療過程とキーポイントを徹底解説

インビザライン治療に関心を持つ人々にとって、使用されるアライナーの枚数や治療の期間、費用といった情報は重要な判断材料です。この治療法は、透明なマウスピースを使った現代的な歯科矯正技術で、見た目の目立たなさと使用の便利さから、多くの患者に選ばれています。インビザラインは、従来の金属ブラケットを用いる方法と異なり、日常生活での違和感が少ないため、特に社会生活が活発な成人や審美を重視する人々に支持されています。

この技術の特長は、歯科医師がカスタマイズした治療計画に基づき、個々の患者の歯並びや咬合の状態に合わせてアライナーが製作される点にあります。治療過程では、患者は定期的に新しいアライナーに交換し、徐々に歯を理想的な位置に導いていきます。このプロセス中、アライナーの枚数や治療の期間は個々の歯の状態によって大きく変わり、それぞれの患者に最適な計画が提供されるため、患者一人ひとりのニーズに細かく対応しています。

また、治療に必要な総費用もまた、これらの要因に大きく影響されます。長期にわたる複雑な治療ほど高額になる傾向があり、これは使用するアライナーの枚数が多いほど、また定期的な歯科医師の診察が必要であるほど、費用が増加するためです。それに対し、矯正が必要な範囲が小さく、比較的短期間で完了する治療は、それほど高額にはなりません。

インビザライン治療におけるアライナーの枚数の決定要因、治療期間と費用の関係、治療後の管理と注意点、さらに必要に応じた再矯正やリファインメントについて詳しく解説します。これらの情報が、インビザライン治療を検討する際の参考になることを願っています。

インビザライン矯正ならさいわいデンタルクリニック

さいわいデンタルクリニックは、北広島市大曲幸町に位置するアットホームな歯科医院で、インビザラインを使った矯正治療に500症例以上の実績があります。デジタル技術を駆使し、3Dスキャナーで精度の高い治療をご提供しています。

当院では一般歯科(むし歯の治療、歯周病の治療、義歯や入れ歯治療)・小児歯科(子どもの虫歯治療、乳歯のトラブル、虫歯予防)・矯正歯科(床矯正治療、インビザライン、マイオブレース)・口腔外科(歯の移植・再植、顎関節症)・審美治療(ホワイトエッセンス)・予防歯科(歯石除去、ブラッシング指導、フッ素塗布)の診療を行っております。気になる症状やお悩みがありましたら、まずはお気軽にご相談ください。

さいわいデンタルクリニック

院名:さいわいデンタルクリニック
住所:北海道北広島市大曲幸町4丁目4-2
電話:011-375-6195

ご予約はこちら

■はじめに

インビザライン矯正の基本

インビザライン矯正は、透明なマウスピースを用いた革新的な歯科矯正方法です。この技術は1990年代後半に開発され、それ以来、目立たない見た目と取り外しが可能な利便性で、世界中の患者に選ばれています。インビザライン矯正の魅力は、金属のブラケットやワイヤーを使う従来の矯正器具と比べて、治療中の見た目がほとんど気にならない点にあります。

この治療法は、特に成人の患者に人気があります。多くの成人は社会生活や職場での対人関係において、口元の美しさを保ちたいと考えています。インビザラインはそのようなニーズに応えるための最適な選択肢として機能します。マウスピースはほとんど透明で、装着していてもほとんど目立たず、患者の自信を損なうことなく矯正治療を受けることが可能です。

インビザラインのプロセスは、まず患者の口内をデジタルスキャンして、3Dモデルを作成します。この3Dモデルをもとに、歯科医師は患者の歯並びの現状と理想的な位置を分析し、治療計画を立てます。治療計画に基づき、個々の患者に合わせてカスタマイズされた一連のマウスピースが製作されます。患者はこれらのマウスピースを定期的に新しいものに交換しながら使用します。各マウスピースはわずかに異なる形状をしており、これによって歯を徐々に理想的な位置へと動かしていくことができます。

治療期間は患者の歯並びの状態によって異なります。インビザライン矯正のもう一つの利点は、食事や歯磨きの際にマウスピースを簡単に取り外せることです。これにより、食べ物の制限が少なく、口内衛生を保ちやすいというメリットがあります。

インビザライン矯正は、治療計画の透明性、適応の柔軟性、そして美的な観点から患者に安心感を提供します。また、デジタルテクノロジーを駆使した治療プロセスは、治療の結果を事前にシミュレーションし、患者に予測可能なアウトカムを提示することができるため、治療に対する不安を大幅に軽減します。これらの理由から、インビザライン矯正は今日、多くの歯科クリニックで推奨される矯正治療法の一つとなっています。

 

インビザラインの人気の理由

インビザラインが広く受け入れられている理由は多岐にわたりますが、その主要な魅力は、目立たない透明感と使いやすさにあります。伝統的な金属のブラケットやワイヤーを使う矯正器具に比べて、インビザラインは透明なプラスチック製のアライナーを使用するため、装着していてもほとんど見えません。この目立たない特性は、外見に敏感なティーンエイジャーや、プロフェッショナルな職場で働く成人にとって大きな利点です。また、マウスピースを簡単に取り外すことができるため、食事や歯磨きの際の不便がありません。

さらに、インビザラインの治療プロセスは完全にカスタマイズされ、各患者の具体的なニーズに合わせて個別の治療計画が立てられます。初診時にデジタルスキャンを行い、そのデータから患者一人ひとりの口内の正確な3Dイメージを作成します。これにより、歯科医師はより精密な治療計画を策定し、患者にとって最も効果的な矯正結果を目指すことが可能になります。

また、インビザライン治療はその予測可能性においても高い評価を受けています。治療開始前に、専用ソフトウェアを使用して治療後の歯並びをシミュレートし、患者に治療結果を視覚的に示すことができます。この透明性は患者に安心感を与え、治療過程における動機付けともなります。

インビザラインの快適性も、その人気の理由の一つです。従来の矯正器具が口内で炎症を引き起こすことがあるのに対し、滑らかなプラスチック製のアライナーは歯肉や頬の内側を傷つけることが少なく、治療中の不快感を大きく軽減します。このため、日常生活における違和感が少なく、治療を続けやすいという利点があります。

これらの理由から、インビザラインは幅広い年齢層の患者に選ばれています。矯正治療というと多くの不便や見た目の問題が伴うと考えがちですが、インビザラインはこれらの懸念を大幅に解消し、より多くの人々が自信を持って笑顔を取り戻す手助けをしています。その結果、インビザラインは現代の歯科矯正治療において重要な選択肢となっているのです。

 

■アライナーの枚数が決まる要因

個々の歯並びと治療の必要性

インビザライン治療においてアライナーの枚数がどれだけ必要になるかは、患者の個々の歯並びと治療の必要性によって大きく異なります。歯科矯正治療を受ける方々の中には、さまざまなタイプの歯並びや咬み合わせの問題を抱えている方がいます。これらの問題には軽度から重度までの範囲があり、それぞれに応じたアプローチが必要です。

歯並びの問題が軽度であれば、必要なアライナーの枚数は比較的少なくて済むことが一般的です。例えば、前歯のわずかなズレや隙間がある場合、これらの小さな調整には数枚のアライナーで対応可能です。しかし、より複雑な歯並びの問題や重度の咬み合わせの問題を解決するためには、より多くのアライナーが必要になることがあります。これには、歯を段階的に移動させるための一連のアライナーが含まれ、それぞれが微妙に異なる形状をしており、歯を理想的な位置に導くために計画的に配置されます。

治療計画の策定には、専門の歯科医師が患者の口腔内を詳細に評価し、高度な3Dイメージング技術を用いて各患者の歯並びの精密なモデルを作成します。このモデルを基にして、治療の目標とする歯並びに到達するまでの具体的なステップが計画されます。アライナーの枚数や交換のスケジュールは、この詳細な計画に基づいて決定され、治療の進行に伴い調整されることもあります。

また、歯の密度や骨の質、さらには患者の年齢や全体的な口腔衛生の状態も、治療計画に影響を及ぼします。成人の場合、骨の成熟度が高いため、思春期の患者と比較して歯を移動させるのに時間がかかることがあります。これは治療計画を立てる際に考慮される重要な要素です。

治療を受ける患者が持つ独自の条件と要求に基づいて、インビザラインのアライナーの枚数と治療期間が決定されます。患者一人ひとりに最適化されたこのプロセスは、最終的には患者が求める美しい笑顔と機能的な咬み合わせを実現するためのものです。このように、インビザラインはそれぞれの患者に合わせた精密な治療を提供し、その有効性と効率性で多くの患者から信頼されています。

 

平均的なアライナー枚数

インビザライン治療において患者さんが最も気になる点の一つが、治療に必要なアライナーの枚数です。この枚数は、治療を始める前に患者の歯並びの状態を精密に分析し、それに基づいて計画されます。アライナーの枚数は、個々の症例の複雑さによって大きく異なり、単純な症例から複雑な症例まで、必要な枚数は幅広く変動します。

治療の初めに歯科医師は患者の口腔内を詳細に調査し、デジタルスキャン技術を用いて正確な3Dイメージを作成します。このデータを基にして、患者個々にカスタマイズされたアライナーが製作されます。アライナーは一連の段階を経て歯を徐々に動かしていくため、その数は治療の目標に到達するまでの必要な歯の移動量と密接に関連しています。

歯並びの問題が軽微な場合、比較的少ない枚数で目標を達成することができますが、歯のズレが大きかったり、咬み合わせの問題が複雑だったりする場合は、より多くのアライナーが必要になることが一般的です。治療計画では、各アライナーが具体的にどれだけの歯の移動を促すかが定められ、それぞれのアライナーが特定の期間、通常は数週間ごとに交換されます。

このプロセス中、定期的なフォローアップが行われ、歯の移動具合を確認しながら計画の調整が行われることがあります。場合によっては、予定されていた枚数よりも多くのアライナーが追加で必要となることもあります。これは、個々の歯の反応や移動速度による違いによります。

治療後には、達成した成果を維持するためにリテーナーの使用が必要になることがほとんどです。リテーナーはアライナーと同様に、歯科医師によって患者のニーズに合わせてカスタマイズされ、適切な期間、着用される必要があります。

インビザライン治療は、その透明性と取り外し可能な便利さから選ばれることが多いですが、成功の鍵は患者の協力と継続的なケアにあります。適切なアライナーの枚数と治療計画の遵守、定期的な歯科診察を通じて、患者は望む歯並びと美しい笑顔を得ることができるでしょう。

 


■治療の期間と進行

アライナーの交換スケジュール

インビザライン矯正治療を始める際、患者さんがしっかりと理解しておくべき重要な側面の一つが、アライナーの交換スケジュールです。このスケジュールは、治療の進行と期間に大きく影響を与えるため、矯正治療の成功には非常に重要です。

インビザラインのアライナーは、歯を段階的に動かしていくための一連の透明なマウスピースです。治療開始時に歯科医師は、患者の口内を精密にデジタルスキャンし、そのデータを基にして患者の歯並びを段階的に整えるためのアライナーが製作されます。このアライナーは、定期的に次のステージのアライナーに交換することで、徐々に理想的な歯並びに近づけていきます。

治療の進行においては、アライナーを指定された通りに着用し続けることが求められます。一日に最低でも二十時間以上の着用が推奨され、これを守らないと治療の効果が十分に得られない場合があります。食事や歯磨きの時間を除き、ほぼ終日アライナーを装着し、定められた期間ごとに新しいアライナーに交換します。

アライナー交換のスケジュールは、患者の歯の動きと治療の進行状況によって微調整が必要になることがあります。定期的な歯科診察では、歯科医師が治療の進行をチェックし、アライナーが期待通りに機能しているかを評価します。この評価に基づき、必要に応じて交換スケジュールの調整や追加的な治療措置が行われることがあります。

また、アライナーの交換スケジュールは患者さんのライフスタイルや仕事、学業などの日常生活に影響を与えることが少ないため、多くの患者にとって好ましい選択肢となっています。しかし、スケジュールを正しく守らないと、治療期間が延長されたり、最終的な結果に影響が出る可能性があるため、患者さん自身の責任感が求められます。

インビザライン矯正治療の成功は、アライナーの適切な使用と、定期的な歯科医師とのコミュニケーションに大きく依存しています。患者さんがアライナーの交換スケジュールを忠実に守り、必要に応じて歯科医師と相談しながら進めることで、効果的で満足のいく治療結果を得ることができるでしょう。このプロセスを通じて、患者さんは自信を持って理想的な笑顔を手に入れることが期待されます。

 

治療期間と費用の関係

インビザライン矯正治療における治療期間と費用の関係は、患者さんが治療を決定する際に重要な考慮点です。治療期間が長くなればなるほど、通常、関連する費用も増加すると一般に考えられがちですが、この関係性は多くの要素に依存しています。ここでは、これらの要素を詳しく掘り下げ、治療期間と費用の関係について包括的な理解を深めます。

まず基本として、インビザライン治療の費用は、使用されるアライナーの枚数に大きく左右されます。アライナーの枚数は、患者の歯並びの初期状態と目指す最終的な結果によって異なり、これが直接的に治療期間に影響を及ぼします。歯並びが複雑であるほど、より多くのアライナーと治療期間が必要とされ、結果として費用が増加するのです。これは、アライナー製作のコスト、継続的な管理や定期的な診察が増えるためです。

次に、治療期間中に予定される診察の頻度も、費用に大きく影響します。インビザライン治療では、定期的に歯科医師の診察を受ける必要があり、これにより治療の進行が適切に管理されます。診察のたびに、アライナーの適合性や歯の動きを評価し、必要に応じて治療計画の調整が行われます。治療期間が長引く場合、これらの診察も増え、それに伴い管理費用が増加することになります。

また、治療期間が予定より延長することは、さまざまな要因により発生する可能性があります。例えば、患者がアライナーの着用指示を適切に守らない場合、予定された歯の移動が達成されず、追加のアライナーや治療時間が必要になることがあります。これにより、元々の見積もりよりも高額な費用が発生する場合があります。

治療の費用はまた、選ばれる治療プロバイダーによっても異なる場合があります。地域やクリニックによっては価格設定が異なり、同じインビザライン治療であっても、費用に大きな差が出ることがあります。さらに、症例によっては特殊な処置が必要になることもあり、これが追加費用を要する要因となり得ます。

インビザライン治療における費用と治療期間の関係を理解することは、患者にとって非常に重要です。治療前には、歯科医師と十分にコミュニケーションを取り、治療計画、期間、および見積もりについて明確な説明を受けることが推奨されます。これにより、患者は治療に対する正しい期待を持ち、満足のいく結果を得るための計画を立てることができます。

 


■治療後の管理と注意点

矯正後の歯のケア

インビザライン治療が完了した後の管理と注意点は、美しい結果を長持ちさせるために非常に重要です。治療後のケアが適切でないと、矯正した歯が元の位置に戻るリスクがあります。また、口腔内の健康を維持するためにも、日常のケアが欠かせません。

まず、治療が完了した後に最も重要なのが、リテーナーの着用です。リテーナーは、インビザライン治療によって得られた位置を維持するための装置で、特に治療直後の数ヶ月間は歯が安定するまで積極的に使用する必要があります。歯科医師は、リテーナーの着用スケジュールを指示しますが、多くの場合、最初の数ヶ月は24時間着用し、その後は夜間のみの着用に移行することが一般的です。

次に、治療後の定期的な歯科診察も重要です。歯科医師は、リテーナーのフィット感や歯の状態をチェックし、必要に応じて微調整を行います。この定期検診は、歯や歯肉の健康を維持し、治療効果が持続するかどうかを確認するために役立ちます。

さらに、日常の口腔衛生の維持が不可欠です。矯正治療中と同様に、治療後も正しいブラッシングとフロッシングの技術を継続し、リテーナーを清潔に保つことが必要です。リテーナーを清潔に保つことで、口臭や歯肉炎を防ぎ、虫歯のリスクを低減します。リテーナーは定期的に専用のクリーナーで洗浄することが推奨されます。

また、定期的にリテーナーを新しいものに交換することも考慮する必要があります。リテーナーは時間とともに摩耗や変形が起こり得るため、適切なタイミングでの交換が歯並びの安定を支える重要な要素となります。

治療後も歯科医師との密な連携を保つことが重要です。何か異常を感じた場合や、リテーナーの問題が発生した場合には、迅速に歯科医師の診察を受けることが勧められます。これにより、小さな問題が大きなトラブルに発展するのを防ぎ、長期的な健康と治療効果の維持を図ることができます。

以上のように、インビザライン治療後の管理と注意は、適切なケアと定期的な専門家とのチェックを通じて、美しい結果を長く保つために不可欠です。

 


再矯正とリファインメント

インビザライン治療を終えた後、一部の患者には再矯正やリファインメントが必要となる場合があります。これは、初期の治療計画通りに歯が移動しなかったり、治療後に歯が元の位置に戻ったりするケースで行われます。こうした状況は、患者の口内環境や生活習慣、さらには生物学的な反応の個人差によって生じることがあります。

再矯正は、元の治療計画に沿って完了したと考えられていた矯正が、理想とする結果に至っていない場合に考慮されます。これには、さらなるアライナーの使用が伴い、特定の歯をさらに動かすことで全体のバランスを整えることを目的としています。リファインメントとは、治療終了後の微調整を指し、通常、数枚のアライナーを追加で使用して、歯の位置を最終的な理想的な状態へと導きます。

再矯正やリファインメントの必要性は、治療プロセス中またはその終了後のフォローアップ訪問での評価により判断されます。歯科医師は、患者の口内を詳しく検査し、治療の成果を精密に評価します。もし目標とされた矯正結果に達していないことが明らかになれば、追加の治療ステップが提案されます。

治療の微調整にはいくつかの要因が関係しています。たとえば、患者がアライナーを指示された時間よりも少なく着用していた場合、計画通りに歯が移動しないことがあります。また、生物学的な反応の違いにより、予想よりも歯が移動しにくい場合もあります。これらの状況は、個々の反応の違いに基づいて、適切な治療計画の調整を必要とします。

リファインメントプロセスは、治療計画の最終段階として非常に重要です。これにより、患者は最終的な治療結果に対する満足度を高めることができ、美しい笑顔と機能的な咬合を長期にわたって維持することが可能になります。治療後のリテーナーの着用と合わせて、リファインメントは、治療の成功を確実にするための重要なステップです。

このように、再矯正やリファインメントは、インビザライン治療の完全な成功を確実にするために不可欠な部分です。患者と歯科医師が連携し、定期的なフォローアップを行うことで、期待通りの結果を得ることができます。

 


インビザライン矯正を受ける際の主要なポイントと、成功への道のり

インビザライン矯正を受ける際に知っておくべき主要なポイントと、成功への道のりについて理解することは、患者が矯正治療を選択する上で非常に重要です。この治療法は、その透明性と取り外し可能な特性から多くの患者に選ばれていますが、治療の成功は患者自身のコミットメントと正確な情報に基づいた適切な期待に大きく依存しています。

インビザライン治療を始める前に、患者は資格を持った信頼できる歯科医師を選ぶ必要があります。治療の第一歩は、詳細な口内の評価と歯並びの分析を含む初期診断です。この段階で、デジタルスキャンや口内写真が取られ、これに基づいて患者の口内の正確な3Dイメージが作成されます。この情報をもとに、歯科医師は患者のニーズに応じたカスタマイズされた治療計画を立案します。

治療計画が立てられた後、患者は自分の治療プロセスについて詳しく学ぶことが重要です。インビザラインのアライナーは、設計されたスケジュールに従って定期的に交換しなければなりません。通常、各アライナーは約2週間ごとに新しいものに交換され、それぞれが歯を理想的な位置へ徐々にシフトさせます。アライナーの着用時間は1日に20時間以上が推奨されており、食事や歯磨きの時以外は基本的に装着を続ける必要があります。

インビザライン治療中は、アライナーを清潔に保つための適切なケアが必要です。アライナーを定期的に洗浄し、口内の衛生を維持することが、トラブルを避け成功に導く鍵です。また、計画通りに治療が進んでいるかを確認するため、定期的な歯科診察を欠かさず受けることが重要です。これにより、小さな調整が必要な場合に迅速に対応することができます。

治療が終了した後、歯が元の位置に戻るのを防ぐためにリテーナーを使用します。リテーナーの着用スケジュールは、治療後の歯の安定を確保するために非常に重要です。通常、初めの数ヶ月間はほぼ終日リテーナーを装着し、その後は夜間のみに移行します。歯科医師の指示に従い、定期的にリテーナーの状態をチェックし、必要に応じて新しいものに交換することも大切です。

インビザライン矯正を成功させるためには、患者の積極的な参加と、歯科医師との継続的なコミュニケーションが不可欠です。治療計画の各ステップを理解し、日々のケアを怠らないことが、理想的な矯正結果を得るための鍵となります。このようにして、患者は自信を持って美しい笑顔を手に入れることができるでしょう。

 

■まとめ

インビザライン治療はその目立たない特性と使用の柔軟性で、多くの患者に選ばれ続けています。この治療法は、個々の患者のニーズに応じたカスタマイズされた治療計画が特徴で、個人の歯並びの状態に基づいて、必要なアライナーの枚数や治療期間が決定されます。これにより、患者は自身のライフスタイルに合わせて治療を進めることができるのです。

治療期間とアライナーの枚数には密接な関係があり、これらは患者の初期状態や治療の目的によって異なります。軽度の歯並びの調整から複雑な咬み合わせの問題に至るまで、インビザラインは幅広い症例に対応する柔軟性を持ち、それぞれの患者に最適なソリューションを提供します。また、治療の総費用は治療期間や使用するアライナーの枚数に影響されるため、詳細な診断と計画に基づく見積もりが重要となります。

治療後の管理と注意点についても理解し、適切なケアを行うことは、矯正効果を維持し長持ちさせるために非常に重要です。特にリテーナーの着用と定期的な歯科診察は、治療後の歯の健康と安定を保つための鍵となります。治療結果に満足できない場合には、リファインメントや再矯正が考慮されることもあり、これらは患者の最終的な満足度を高めるために重要な選択肢です。

患者がインビザライン治療を検討する際には、信頼できる歯科医師との相談を通じて、治療計画のすべての側面を理解し、それぞれのステップについて十分な説明を受けることが必要です。このプロセスには、患者の積極的な参加とコミュニケーションが求められ、治療の成功はこれに大きく依存します。治療の過程で疑問や不安がある場合には、遠慮なく歯科医師に質問し、納得のいく回答を得ることが肝心です。

インビザライン治療はただ歯並びを整えるだけでなく、患者の自信と生活の質を向上させるための有効な手段です。正しい知識と理解に基づき、適切な治療計画と管理を行うことで、患者は治療結果を最大限に活用し、健康で美しい笑顔を手に入れることができるでしょう。

インビザライン矯正ならさいわいデンタルクリニック

さいわいデンタルクリニックは、北広島市大曲幸町に位置するアットホームな歯科医院で、インビザラインを使った矯正治療に500症例以上の実績があります。デジタル技術を駆使し、3Dスキャナーで精度の高い治療をご提供しています。

当院では一般歯科(むし歯の治療、歯周病の治療、義歯や入れ歯治療)・小児歯科(子どもの虫歯治療、乳歯のトラブル、虫歯予防)・矯正歯科(床矯正治療、インビザライン、マイオブレース)・口腔外科(歯の移植・再植、顎関節症)・審美治療(ホワイトエッセンス)・予防歯科(歯石除去、ブラッシング指導、フッ素塗布)の診療を行っております。気になる症状やお悩みがありましたら、まずはお気軽にご相談ください。

さいわいデンタルクリニック

院名:さいわいデンタルクリニック
住所:北海道北広島市大曲幸町4丁目4-2
電話:011-375-6195

ご予約はこちら

■さいわいデンタルクリニックについて

さいわいデンタルクリニックは、北広島市大曲幸町に位置するアットホームな歯科医院で、患者様のさまざまな歯科のお悩みに対応しています。当院は、インビザラインを用いた歯の矯正治療において北海道屈指の症例実績を誇り、500症例以上の経験を持っています。他院では受けて頂けない難しいとされる症例にも対応可能で、短期間での治療や幅広い価格帯でのご提案が可能です。特に、近年のデジタル化の波に乗り、口腔内3Dスキャナー「アイテロ」を導入しており、マウスピース矯正や前歯用矯正の精度が向上しています。さらに、当院の特性を活かしたホワイトニングもご提供しております。また、クリニックは持続可能な開発目標(SDGs)にも取り組み、患者様の健康寿命の促進や環境に配慮した治療を目指しています。働きやすい環境の実現にも力を入れ、ホワイト企業認定ゴールドの認定を受けています。患者様が安心して通院できるよう、日々の治療に真摯に取り組んでいます。

■他院との違い

マウスピース矯正は、従来の方法とは違い、交換式のマウスピースを使用して歯を整える治療法です。この手法は導入が容易であるため、多くの歯科医院で手頃な価格で提供されるようになっています。ただし、マウスピースがシンプルで手軽だからと、位置やアクセスの良さだけで歯科医院を選ぶと、歯の動きに関する知識や特定の技術の経験が不足している医院での治療は、時として矯正の失敗につながることがあるという事例が増加しています。マウスピース矯正は一見シンプルに見えますが、その成果は歯科医師の経験や実績に大きく左右されます。特定の技術の実績、治療の管理方法、矯正歯科の全体的な知識や技術を持つ医院での治療が、成功への鍵となる要素です。
当院では、インビザライン矯正の実績も豊富なため、他院では受けて頂けない難しいとされる症例にも対応可能で、短期間での治療や幅広い価格帯でのご提案が可能です。

■よくある質問

Q.インビザラインの治療費はどれくらいかかかりますか?
A.基本的に保険が適用されない「自費診療」になります。費用は歯科医院によって幅があり、また、歯の状態や治療期間等によっても違いますので、直接、歯科医院にご相談ください。

Q.相談するだけでも費用はかかりますか?
A.無料相談や、無料事前カウンセリングを行っている医院もあります。カウンセリングの他に検査などを行う場合、別途検査などに費用がかかる場合もありますので、事前に歯科医院にお問合せすることを、おすすめします。

Q.治療期間はどれくらいですか?
A.インビザラインにおける治療期間は歯科医師の治療方針や治療計画等によって異なります。また、患者様の口腔内の状態によっても異なるため、まずは歯科医院にご相談ください。

Q.インビザラインで治療できる歯並びに制限はありますか?
A.ワイヤーを使った通常の矯正治療の場合と同様の適用範囲と考えられています。ただし、担当医の治療方針、使用する装置の種類等によって対応できる範囲が異なります。詳しくは歯科医院へご相談ください。

インビザライン

医療法人mirai さいわいデンタルクリニック ご予約・お問い合わせはこちら 011-375-6195

住所:北海道北広島市大曲幸町4丁目4-2
お車でのアクセス:駐車場完備(5台) 第2駐車場あり

ご予約はこちら

診察時間

休診日:日曜日・祝日

■ → 木曜日 午前9:00 ~ 13:30(受付13:00まで)
▲ → 土曜日 午前9:00 ~ 14:30(受付14:00まで)

> 詳しくはこちら